マウスガード(スポーツ用マウスピース)


スポーツ中の怪我により歯が欠けたり、抜けたりしてしまうことがあります。
怪我から歯を守る為に、激しいスポーツ時はマウスガードを装着する事を
お勧めしています。
骨は骨折しても再生して元に戻りますが、歯は一度欠けてしまうと再生する事はありません。
ボクシング、キックボクシング、総合格闘技、空手、ラグビー、アメリカンフットボール、
ラクロス、アイスホッケー、インラインホッケー、などの
コンタクトスポーツは競技中にマウスガードの装着が義務づけられています。
それ以外にもモーターバイク、硬式野球、テコンドーは団体で装着が推奨されています。
スケートボード、スノーボード、スキー、アイススケートも練習時から装着する事をお勧めしています。
特に出っ歯の方、歯並びが悪い方、噛み合わせが悪い方は歯の破折から
守るだけでなく力が入るようになる事で、競技力が向上することがあります。
静的筋力といって、ゆっくりとした力を入れる運動(ウエイトリフティング等)に関しては
3.8%〜18.9%筋力が向上されという実験結果もあります。
既製品のものとは違い、オーダーメードですので適合力は既製品よりもいいです。
厚手のもの、薄めのもの、発音しやすいタイプ、1色のタイプ、模様や
クラブのマークを入れたもの等、選手のご要望にあわせてオーダーメードで作製致します。
プロの選手はもちろん、アマの中高大学生の選手もご相談ください。
治療回数は通常2、3回です。
推奨使用期限は1年間です。

野球のボールが直撃して歯が脱臼、抜けかかっています。何とか残せましたが、マウスガードをつけていればもう少し軽い怪我ですんだと思われます。


厚さ4mm,1色タイプの一般的なスタンッダードタイプのマウスガード。

均一な厚みです。

オーダーメードで作るので、既製品と比べて、外れにくく、発音がしやすく、フィット感がいいです。厚みは競技の種類で変わります。


厚さ3mm 2色レイヤリング高性能タイプ。アメリカンフットボール選手。

より外れにくく、フィットがよく、違和感が減り、発音もしやすいプロスポーツ選手向けのマウスガードです。

あまり力のかからない裏側は薄く仕上げていますので、発音がしやすいです。競技中に声を出す場合は、こちらのタイプをお勧めします。

力のかかるところは厚めに、かからないところは薄目に仕上げています。

歯根も守りたいので、前歯の根っこの部分までしっかりと覆います。

前歯も奥歯も均等に咬むように精密に調整してあります。きちんと調整されたマウスガードはゴルフの飛距離を伸ばせて、野球で遠くに打てて、サッカーで遠くによりはやく蹴れて、ラグビーのスクラムではより強い力が出せる可能性がありますが、詳細はよく分かっていません。

私は日本スポーツ歯科医学会会員ですので、学会のマウスガード作製基準にそって、作っております。


3色、ラミネートタイプ。イタリアンカラー。ラグビー選手。

2色ラミネートタイプ。水色と透明の2色です。ラグビー選手。

1色、スタンダードタイプ。空手選手。競技によっては色の指定、制限があります。格闘技系は出血の判断をしやすくする為に赤色がダメとか色々と協会によって決まりがあります。ルールは毎年変わるので、詳しくは各競技のルールブックをご確認ください。



他にも色々な色を用意しております。